FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

“そこのみにて光り輝く”   守るものがあるからこそ、おかしくなるんだ



貧しい家庭。


認知症の父。頭の悪い弟(菅田将暉)。


体を売ってまで家族を支えようとする娘。千夏(池脇千鶴)。


そんな彼女の置かれた状況を知りつつ惹かれていく達夫(綾野剛)。
彼もまた、闇を抱えていた。

これはそんな二人のラブストーリー。






千夏の育ってきた環境はとても劣悪なものだった。
それは

・散らかった部屋や
・母親や弟の言葉遣い・服装。
・フライパンから直接ご飯を食べるなど


画面の中からもすぐに
感じ取ることができる。


そんな貧しい環境は“親”から“子”へ。
そして“子”からまた“その子ども”へと。


巡り巡る。決して終わらない“負の連鎖”


この映画はそんな、どこにも持っていきようがない絶望感を
光と陰を使って絶妙に描き出している。


諦めたはずの人生。


しかし皆、心のどこかで
一筋の光にを求め必死にしがみつこうとしている。


はかり知れない傷を抱え
もがきながら進んだ先に見えた光とは。。。


感想

私はこの作品がとても好きだ。
中には「あまりにも暗すぎて見てられない」
って人もいるみたいだが。
私に取ってこの作品は明るいとか暗いってとかいうものではなくて…。
とても大切で“目が離せないもの”というか。。


中でも池脇千鶴さんと菅田将暉さんの存在感は本当にすごい。


千夏は池脇千鶴さんだったからこそできた役だと思う。
一人で家族を背負って体を売りにいく女の後ろ姿。
全てに対する諦め。やり切れなさ。心の叫び。
抱きしめたくなるような笑顔。

そして頭の弱い弟役の菅田将暉さん。
私はこの作品を見てから彼がすごく好きになった。
あの環境だからこそ生まれた
ガサツさと馬鹿さ。そしてまっすぐな心。
姉を慕うがために起こしてしまう不祥事。
そうだよね、そうだよ。それが正しいよ。
あんたは何にも悪くない。と言いたくなってしまう。


決してハッピーエンドとは言えないが
この映画を見終わったあとに私に残ったものは
“あ…。私生きてるな”って。

私みたいな少しひねくれた人間には
こうゆう“それでも生きていく”人たちの
生活そのものの方が、誰かに「頑張って」て励まされるよりも
ずっと強く励みになることがあるのだ。


あなたの人生にもっと物語をとり入れてみませんか?

映画見放題のおすすめサイト3つをご紹介
●3サイトとも初月無料サービス実施中。(サイトによって期間は異なります。)

※1位 TSUTAYA TV

※2位 Hulu

※3位 U-NEXT



大人のADHD・好きで生きる

スポンサーサイト

カテゴリ:ドラマ  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。