FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

“パーフェクトワールド”  してもらえなかったからこそ…してあげたい。


お前と俺はよく似ている。

「ハンサムで、コーラが好きで、親父がろくでなし」

自分の幼少期を他人の子どもに重ねてしまうことってないだろうか…?(´・ω・`)

子どもの頃に寂しい想いをした人や
親との間に深い確執がある人なら1度はあるかもしれない…

これは、ある脱獄犯の男が、8歳の男の子を誘拐し逃亡をする中で

彼らの間に少しずつ“愛情”が芽生えてく物語だ。

自分がしてもらえなかったからこそ
こいつにはしてやりたい。。

彼らが想う“父親像”とは…




脱獄犯ブッチ(ケビンコスナー)の父親は
暴力の耐えない男だった。
大人になった今でもブッチは父について
ことあるごとに「クズだ!」と言う。


だがしかし、子どもが親を想う気持ちって
本当に計り知れないもので…。


口では何と言っても本当の気持ちはついてこないのだ。。


幼くて、力も学歴も財産もない…何にもない状態の時に
“それでも人から愛され守ってもらえる”って

人にとって本当に大切なことなのかもしれない。


そんなブッチはある日、刑務所を脱出し
8歳の少年フィリップを誘拐する。


2人は誘拐犯と人質のはずなのに
出会った時から不思議とそこには
お互いに居心地のいい何かがあったように想う。


自然と2人は仲良くなり、
気がつくとブッチはフィリップの
“やりたいけど環境のせいでできなかったこと”を
知り、叶えてあげようとする。


それはまるで昔の自分をいたわっているかのようにも見える…。


現代は虐待により施設で育つ子どもが増えてきている。
昔は、戦争によって親を亡くしてしまい
止むを得ず施設に入所するパターンが多かったのだが

今は違う。

親は健在なのに一緒に住めないのだ。
その理由の9割が“虐待”によるものである。


“自分が親からされて嫌だったこと”を
“自分も自分の子どもにしてしまう”

そういったパターンが非常に増えてきているのだ。

そんな中

“自分がされて嫌だったこと”は絶対に
今を生きる子どもにさせてはならないと想うブッチ。

こんなにまっすぐなのにも関わらず
なぜ、警察に追われるような人生になってしまったのだろうか…?

クリントイーストウッド監督の“パーフェクトワールド”
永遠の名作である。ぜひ、あなたの目で見て欲しい。

あなたの人生にもっと物語をとり入れてみませんか?

映画見放題のおすすめサイト3つをご紹介
●3サイトとも初月無料サービス実施中。(サイトによって期間は異なります。)


※1位 TSUTAYA TV

※2位 Hulu

※3位 U-NEXT



★20代後半女子の誰でもできる自分磨き

スポンサーサイト

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。