FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

“勝手にふるえてろ” 恋愛の1番と2番

ドキドキする人安心できる人
どっちがいいんだろうか?

女の子なら一度は考えたことがあるかもしれない。

刺激的な恋がしたい!
…でもやっぱり結婚するなら安心できる人がいいよなぁ…

これは
●自分に好意を持ってくれるちょっと鈍臭い男を“2”(渡辺大知)
●自分が昔からずっと思い続けてきた男を“1”(北村匠海)

と順位をつけあれこれ模索する女の物語

残酷だけど心の中じゃ人に順位をつけるってよくあります…特に女は笑




*大まかなあらすじ・ネタバレ有り*

主人公のヨシカは絶滅した動物が大好きなちょっと変わった女の子。
ネットで絶滅動物について検索してニヤニヤしては
気づくと朝になっているなんてこともしばしば。
24年間、男性経験もなければ、誰かに好意を抱いてもらったこともない。

そんな彼女には10年間ずっと片思いの中学の同級生“イチ”がいる。
と言っても卒業以来は一度も会ったことがない。
なのにずっと一途に思い続けているのだ。

そのせいもあって彼女は今まで一度も人とと付き合ったことがないのだが
本人はそのことをとても恥ずかしく思い、誰にも言っていなかった。

そんな彼女に会社の同期“2”が思いを寄せる。
彼はイチとは全く違いどこか鈍臭いところがある。

だがしかし、男から言い寄られたのが初めてだったヨシカは
心の中で揺れ動く。これくらい安心できる方がいいのかなぁ…?
でも全くもってときめかないのも、また事実。

頭の中の彼か、現実の彼か。
混乱していくヨシカだったが
“2”と関われば関わるほど

このままで本当にいいのかと自分に問いただす。

散々迷った挙句ヨシカは他人になりすまして
中学の同窓会を主催することを決める。そう。イチに会うために…

*感想*

この映画の中で私が一番気に入ったセリフは2が言う一言だった。

男性経験がないことを親友にバラされてしまったヨシカが
そのことが原因で会社にいけなくなってしまうシーンがある。

そして自分の秘密をさらっと言ってしまった
親友くるみに対しての怒りはとてもじゃないけど収まりきらなかった。

そんなヨシカの引きこもってる家に“2”がやってきてこう言う。

「人はうっかり人の秘密を漏らしてしまうこともある。
そこに少しも意地悪な気持ちがないと言ったら嘘になるかもしれないけど…でもそうゆうことってあるんだ。」

…この少しは意地悪な気持ちが入ってるかもしれない。
って言うところにものすごくリアルさを感じた。

あぁ、人ってそうやって人を傷つけるんだよなぁって。

さすが綿矢りささんの小説。ものすごく人間の心理を捉えている。

物語自体は重すぎず、リズミカルに進んでいくが

現実で起こっている出来事と
ヨシカの頭の中で描いている雰囲気にズレがあるところも面白い。

毎日仲良く喋っていたはずのおっちゃんが
本当はよく見かけるだけで、挨拶すらしたことがなかったりとか。

ズレ。自分の頭の中のズレ。人から見た印象のズレ。

このズレをとてもよく表現している作品のように思う。

あなたの人生にもっと物語をとり入れてみませんか?

映画見放題のおすすめサイト3つをご紹介
●3サイトとも初月無料サービス実施中。(サイトによって期間は異なります。)


※1位 TSUTAYA TV

※2位 Hulu

※3位 U-NEXT



大人のADHD・好きで生きる


スポンサーサイト

カテゴリ:未分類  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。